今宵も...気ままに.....ひとりごと......

テレビを見ていて、思いたった燻製作り。さてさてどんな物ができますやら・・・  燻製作り初心者の奮闘記・・・

2015年11月29日

シャケ・イワシの干物・うずらの卵・チーズ・バーガー 編

最近、自分が休みで嫁さんが仕事や用事で出かけている時は、ほぼ家でのスモークタイムとなった。
嫁さんは呆れているけど、出て行ったきり、連絡無し、どこで何してるか分からないよりは安心なので、何も言わずに放置されている。
まあ〜! 自分もその方が、色々とやりやすい。

さてと、前にチーズとうずらの卵が美味かったので、今回も・・・

KIMG2466.JPG
これもスーパーで・・・

もちろんうずらは前に懲りているので、茹玉子になっているのを買ってきた。

KIMG2468.JPG

それと、塩ジャケと昨夜安かったので買ってきたイワシの干物に挑戦。

KIMG2470.JPG

今回からは、ガスコンロを使用。
しかし、爆発の危険があるとの事なので、濡れタオルをかぶせて、温度を測りながらやろうと思う。

KIMG2484.JPG

KIMG2480.JPG
これは、赤外線温度計。シビアな測定はどうかなと思うが、目安にはなるだろう。

いつもの様にタワーファン(サーキュレーター)の前で、1時間半乾かした。(風乾)
今回は、りんごチップを試してみよう。りんごチップをひとつまみいれて、セットする。
強火で煙が出てきたら、弱火〜中火 で、10分。火を消して5分放置。

KIMG2486.JPG  KIMG2487.JPG
・・・で、完成・・・

次は、塩ジャケとイワシの干物・・・

KIMG2489.JPG
しかし、表面がなかなか乾かない。燻製鍋にチップを入れずに、弱火で15分、温乾をやってみた。
そして、りんごチップを入れて油がかなり出そうだったので、チップにかからない様にアルミで覆い、燻製開始。約15分。火を消して10分。

蓋を開けると・・・ ???

KIMG2491.JPG
いつもと違う ??・・・ なぜか網の下に敷いたアルミに、黒い液体の様なものが・・・???

KIMG2494.JPG
あっ! よく見ると、イワシの腹が裂けてる??? えっ?? 黒い液体の正体は、腹ワタ??
生だった?? いや確かに干物だったよな?? 干物に腹ワタ??
何が起こったのか?よくわからずにいる自分・・・
パックのラベルを調べるのに、今さらゴミ箱をあさる気にもなれず・・・

・・・と・・・ ここでようやく気が付いた・・・
イワシ・・・そうか、イワシか・・・イワシの干物・・・イワシの丸干し・・・
そうイワシは腹ワタまで食べられる魚。
他には、サンマや天然の鮎などがあったと思う。
丸干しは、そのまま干してあるので、当然腹ワタも入っていたはず・・・
うかつでした。丸干しを干物と勘違いしていました。

気を取り直して、燻製をよく見てみると、とりあえずシャケもイワシも色は付いているのだが・・・

KIMG2493.JPG

そしてもう一つ失敗が・・・ チーズの下にクッキングシートを敷かなかったので、アルミホイルに張り付いてしまった。

燻製した物は、味見以外は次の日以降に食べる様にしているので、しばらく風乾して、冷蔵庫へ・・・食べる時は、卵やチーズ以外は、魚焼きグリルで軽く温めてから・・・
その方が、煙臭さが取れて香りが良くなる気がします。

そして今回測ったガスコンロの温度は、カセットのフタの部分が40.5度、フタを開けてカセット本体の温度が39.2度・・・
この温度なら、問題無いでしょう。これからは、濡れタオルをかぶせてやります。

今回のお味は?
うずらの卵とチーズは、最高!! 今回のりんごチップの方が香りが柔らかい感じがする。
これは嫁さんも大丈夫と言っていた。(もちろん食べられると言う事で、美味しいかどうか???)
New バーガーは、不味かった。次からは、無しと決定。
塩ジャケも、自分は美味かった。

KIMG2495.JPG
しかし、嫁さん曰く、「 何もこんなに大変な手間暇かけてやらなくても、そのままの方がもっと美味しいのに・・・

この言葉を聞いて、これからは自分のツマミの為にスモークしようと思った・・・

そして、大失敗かと思ったイワシ・・・ これは、絶品でした。過去に食べたイワシの中で一番美味かった。
結局、2匹とも自分が食べてしまいました。もちろん、頭から・・・

KIMG2514.JPG
これは絶対リピしなければ・・・

腹ワタは、どうしよう・・・??

posted by JJJ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

手羽先

実は、前回大失敗しているので、今回リベンジです。
前回は、本当に煙臭かった・・・置いておくだけで、煙臭いと嫁さんは食べてくれませんでした。

その原因をネットでいろいろなブログやサイトを調べて、自分なりにまとめてみた。
不味い、煙臭い・・・初心者の多くが失敗する原因・・・
1. チップの入れすぎと盛り方
2. 乾燥が足りない
3. 火加減がダメ (火が強すぎる、あるいは弱すぎる)
4. 長い時間、強火で燻す
5. 煙を直接当てる
大体、こんな所だと思います。今回、これらを頭に入れて注意しながらやってみます。

鳥の手羽先は、ペーパータオルで表面を拭き、塩・コショウを振ります。
前回、普通のコショウを使ったけど、コショウの味がしなかったので、今回は粗挽きの黒胡椒を使います。
そして風乾・・・ タワーファンで1時間半位しました。

KIMG2443.JPG

今回は、りんごチップを使用。
今までは、チップを一握り入れてさらに追加していたので、今回は本当に一握りだけに。
そして、盛り方もふんわりと山の様に・・・前回は、平らに盛っていました。

KIMG2444.JPG

煙を直接当てない為に、網の上にアルミホイルを敷いて、その上に鶏肉を乗せ、強火で煙が出るまで・・・

KIMG2447.JPG

煙が出たら中火にして蓋をします。
前回は、いきなり凄い勢いで煙が出たのですが、今回はそこまで出ません。
熱燻で15分。

温度計を差し込むと・・・あれ? 温度が上がっていない。コンロを見ると弱火になっています。

KIMG2449.JPG

ここで重大な事に気づきました。コンロの細工をしても、センサーは生きています。
これが中華料理なら、強火で5〜10分の間に鍋を持ち上げたりもするので、何も問題ないと思うのですが、燻製鍋の様に置きっぱなしで10分以上となると、センサー部も熱くなって、火が消えなくても、途中でコンロが自動で火力調整します。その為、鍋内の温度が上がったり、下がったりしていた様です。

温度があまり上がらないので25分、火を消して10分。
恐る恐る蓋を開けると・・・
あら! ほのかないい香り! 前回と全く違います。色は、少し薄いみたい・・・

KIMG2454.JPG   KIMG2459.JPG

前回はくすんだ様な色でした。↓

KIMG2401.JPG   KIMG2403.JPG

15分程おいて、一つ食べてみる。燻製のニオイがほのかに薫り、全く煙臭く無い。
食べてみると・・・ 
これは美味い!!  美味いのだが、燻製の香りが薄い様な気が、やはり温度の問題か?・・・
表面は、もう少しパリッとしていた方が良いかな。

ガスコンロの魚焼きグリルで表面を軽く炙って、表面をパリパリにして・・・
早速、嫁さんに食べさせます。
これは、凄く美味しいと言ってパクパク食べてくれました。
やったぜ〜!!  と思ったのですが、燻製の香りが薄いからかな?

次回は、カセットのガスコンロを使う事にしよう・・・


posted by JJJ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

スモークチーズ・うずらの卵・フランクフルト

10時位に、近くのホームセンターに行って、 “ なら ” と “ りんご ” のチップを買って来ました。

KIMG2340.JPG

今日は、自分は休み。嫁さんは、仕事。 となれば、スモークするしか無いでしょう(笑)・・・
昨日、うずらの卵を買ってきたので、それに挑戦。
うずらの卵は、茹玉子になってる物もあったのですが、値段が高い!
生卵が2パック買える。よって、生卵を買う事にしました。

KIMG2339.JPG

しかし、自分はうずらの卵を茹でるのは、今日が初めて・・・
ネットで調べた通りに、常温に戻した卵を沸騰した鍋にお玉で入れて約2分。
水の中で放置後、殻を剝きます。
しかし、これが大変だった。小さくて剥きづらい上に、殻がなかなか剥がれない・・・
長時間シンクに向かってイライラしながら悪戦苦闘。おまけに腰まで痛くなってきた・・・ 
最後の方は集中力も切れて、失敗が多くなってしまった。
 
KIMG2349.JPG
数は減ってしまったけれど・・・半熟で上手く茹でれた・・・

ここで、はたと気がついた。失敗したら・・・?
うまくできるかどうかもわからないのに、何もこんなにたくさん買ってくる事はないだろう。
殻剥きの大変さも相成って、次からは少々高くても茹玉子になっている水煮を買う事に決めた。

そしてフランクフルトと冷蔵庫にあった切れてるチーズも試してみる事に・・・

KIMG2352.JPG

いつもの様にタワーファン(サーキュレーター)で、時々向きを変えながら1時間以上。これを風乾と言うそうだ。

さて、その間は何しようかな? 嫁さんもいないし、もう出かける予定も無い。
大変だった卵の殻剥きの自分へのご褒美に、結局、昼間から飲む事にした。
ツマミは? 昨日のハタハタがあるけれど、これだけでは面白く無い・・・

KIMG2345.JPG

そこで登場、オイルサーディン。そして、ニンニクと鷹の爪を用意。

KIMG2342.JPG

この缶詰にニンニク、鷹の爪を入れて、火にかける。

KIMG2344.JPG

KIMG2347.JPG

円網は、絵的には良いが、沸騰したらみんなこぼれてしまうので、沸騰する直前に小さいフライパンに変更。

KIMG2358.JPG

5分もすれば出来上がり。そのままでも良いし、醤油をたらしてもOK !
これはネットで見かけた、どこかの居酒屋のメニュー・・・だったと思う。
1度作って美味かったので、それ以来オイルサーディンの缶詰は常備している。

KIMG2356.JPG

しかし、このハタハタは失敗だ。桜チップが合わないのか?やり方がダメなのか?

飲みながら、たまに風乾している食材を見に行ったりしているうちに、あっという間に1時間半が過ぎている。

今日買ってきた “ ナラ ” のチップを試そう。

KIMG2359.JPG

フランクフルトの下にはアルミホイルを、チーズの下にはクッキングシートを敷いて、強火で加熱。

KIMG2361.JPG

煙が出てきたら、中火にして蓋をする。

KIMG2369.JPG

熱燻で約10分。5分待って蓋を開けた〜!!

KIMG2371.JPG

チーズは溶けかかっているけど、なんかいい感じ。
桜チップよりもニオイが柔らかい気がする。

KIMG2372.JPG

しばらくおいて食べてみると・・・

KIMG2418.JPG

切れてるチーズは、みんなくっついて、しま模様に・・・

KIMG2419.JPG

KIMG2421.JPG
これは美味い!! みんな美味い!! 卵も美味いが特にチーズは最高!!

帰って来た嫁さんに食べさすと、チーズは美味しいと言ってくれた。
「チーズだけかよ。」とも思ったが、そもそも燻製そのもがあまり好きではない。
スモークチーズよりも普通のチーズが好き。スモークチキンよりも普通のチキンがいい。
スモークサーモンよりも普通のがね・・・ 燻玉よりも茹玉子・・・  という様な嫁さんだ。
ハードルが高い・・・というよりほとんど壁だな。

まあ、自分が好きで作っているから、本人が満足すればいいのだけれど・・・


posted by JJJ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

スモークドチキン(鶏胸肉の燻製)

手羽元と一緒に買った鶏の胸肉。
こちらもニンニク醤油に漬けて、冷蔵庫で一晩寝かせました。
( ニンニク醤油に漬ける前に、フォークでブスブス刺して染み込みやすくしてあります。)
KIMG2301.JPG

本当はもも肉にしたかったけど、油が多そうなので初心者には難しいかな?と思い、こちらにしました。

今回は、フランクフルトとハタハタの干物にも挑戦。

KIMG2307.JPG

このフランクフルト、説明に桜チップでスモークしたと書いてある。

KIMG2317.JPG

スモークの上にスモークか・・・ まあ、いいいか・・・

サーキュレータで、1時間程乾かして・・・
スモーカーに桜チップを入れて、ホイルをかぶせます。

KIMG2308.JPG

昨日の手羽元は、時間をかけすぎた様なので、今回は熱燻で、15分やってみます。

KIMG2315.JPG

できました〜!!

KIMG2319.JPG

いい色になっています。

KIMG2321.JPG

そしてフライパンでニンニクを焼いて、鶏肉を投入。
今回、時間が短かったので中まで完全に火を通します。

KIMG2327.JPG

KIMG2332.JPG

しばらく焼いて、最後にニンニク醤油でさらに味付け・・・

KIMG2335.JPG

どうだ〜!! これぞ、スモークドチキン!!

さて、お味は?
ハタハタは、やはりその日はニオイがきつくて・・・ しかし、次の日もイマイチでした。
ネットで見ると、桜チップは魚にはあまり向いていない様だ。
もちろん嫁さんからは、NG !

フランクフルトと鶏肉は、まあまあかな?との評価。
この鶏肉、次の日に食べると美味かった・・・(自己評価)
やはり、桜チップは1日置く方が良いのかな?


posted by JJJ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。