今宵も...気ままに.....ひとりごと......

テレビを見ていて、思いたった燻製作り。さてさてどんな物ができますやら・・・  燻製作り初心者の奮闘記・・・

2015年10月30日

チキンリブ(手羽元)

仕事の帰りにスーパーに寄ると、特売で鶏肉が安い。
栄えある燻製の第一号は、これか? と思い、胸肉と手羽元を購入。

手羽は、2種類の味付けを試してみるつもりです。
どっちにしろ、今日は燻す(いぶす)事はできないので、明日の楽しみにとっておこう。
それまでに色々なブログやレシピでやり方を研究・・・

とりあえず、今日のうちに下ごしらえ。
まずは、オーソドックスに塩・コショウで・・・
塩・コショウを振り、キッチンペーパーに乗せる。
上からまたペーパーをかけて、ラップにくるんで冷蔵庫へ。

KIMG2234.JPG

KIMG2235.JPG

そしてこちらは、わが家でずっと継ぎ足しながら使っているニンニク醤油。それに今回ニンニクを追加。
器に入れ中でくるりと廻し、手羽にまんべんなく醤油がいきわたる様にして、ラップにくるんで冷蔵庫へ。

KIMG2236.JPG

次の日の朝、塩・コショウの方はキッチンペーパーを交換。
ニンニク醤油の方はひっくり返して、表裏均等に浸かる様にしました。
再び冷蔵庫へ・・・

その夜、それぞれの手羽を冷蔵庫から出して、キッチンペーパーの上で1時間ほど乾かすとの事なのだが・・・

KIMG2271.JPG

しかし、なかなか乾かない・・・ そこで、閃いた!!・・・
わが家には、まだ夏の置き土産があるではないか。
そこで、隣の部屋に移動し、サーキュレーター(タワーファン)の前で乾かす事に・・・なるほど、これは早い。
しかし、この冬はこのサーキュレーターがしまえなくなってしまった。

KIMG2279.JPG

さて、いよいよです。
スモーカーの受け皿が汚れるのを防ぐ為に、アルミホイルを敷いてその上にチップを軽く一握り乗せて・・・
鶏からの油で、チップの日が消えるのを防ぐ為に、アルミホイルをクシャクシャにしてかぶせます。
これは、煙の通り道を塞がない様にする為だとか・・・

KIMG2274.JPG

KIMG2277.JPG

鶏肉を網に並べて、最初は強火で煙が出始めたら、蓋をして中火に、これで約30分。

KIMG2281.JPG

温度は・・・

KIMG2286.JPG


しまった!!  ちょっと目を離している内に温度が上がってしまった・・・
KIMG2293.JPG

中が生だといやなので、10分追加。
そして40分後、火を消して5分ほど、そのままに・・・

ふたを開けると・・・  できました!!

KIMG2295.JPG

見てくれは、かなり良さ気・・・ さて、お味の方は・・・

KIMG2296.JPG

ん〜?? かなり燻製のニオイがキツイ様な・・・煙臭い様な・・・
嫁さんの反応もイマイチ・・・
ネットで調べると、長時間燻すと煙臭くなるとか、すぐに食べないで次の日にとか・・・
すぐに食べる時は、フライパンでもう一度火にかけ、煙臭い成分を飛ばしてからとか・・・etc・・・

フライパンでもう一度温めようとも思ったのですが、まあ、今日は他の食べ物もあったので、残りを冷蔵庫に入れて明日食べる事にしました。

次の日の夜・・・
燻製を冷蔵庫から取り出ししばらく常温で放置。
その後、フライパンで少し温めました。
お味は・・・

昨日の様に煙臭さはありません。やはり1日置くと味が落ち着くのかな?
自分的には美味しいと思うのだが・・・

嫁さんの評価はイマイチ・・・
まあ、初めてにしては上出来だと思います。

さあ、次は何を作ろうかな?


posted by JJJ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火が消える!ガスコンロの細工

しかし、ここで大きな問題が・・・
アマゾン(燻製鍋)のコメント欄にも載っていたのですが、わが家のガスコンロは自動消火装置が付いて空焚きができません。
KIMG2265.JPG


これは普段中華鍋やフライパンを使っている時も、すぐに火が小さくなり、挙句に消えてしまいます。いちいちカセットボンベのコンロを使うのも面倒。煙が出ると言う事なので、換気扇の下で使いたい。

何とかならないか? これは、ずっと考えていたテーマでもあります。
コンロをバラすのも嫌なので、簡易的にすぐ取り外しできる方法はないか?

そこで、閃きました。
安全装置は、スプリングになっているので、センサーが鍋底に当たらなければ良いわけで、少し低くしてあげれば・・・

そこでこんな物を針金で作ってみました。
KIMG2268.JPG

試してみると・・・

KIMG2269.JPG


KIMG2270.JPG


KIMG2266.JPG


イケてるみたい・・・ センサー部が低くなったので、鍋底に接触しません。
そして、簡単に取り付け、取り外しができます。
これなら使う時に取り付けて、終われば外せば良い訳で・・・

これで火の問題は解決です。
(注: もしこのブログを見て真似をしても良いのですが、あくまで自己責任でお願いします。)


posted by JJJ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

購入

先週の日曜日、何気に見ていたテレビでキャンプの特集をやっていました。
そこで、燻製作りを見て面白そうだな〜! と・・・
普段から料理は好きで、ツマミなどは自分で作っているが、燻製は頭に無かった・・・
ネットで調べて見ると・・・ 
いや〜! 出てくる出てくる・・・ 色々なブログやレシピ・・・
特に男性がはまっています。

本人、もうその気になり、さて、どうしたものか?
中華鍋と丸い網でもできる様なのですが、ニオイが移るので専用の鍋にした方が良いとか・・・
それならば思い切って買ってしまおう・・・ と言う事で、いつものアマゾンで検索し、注文・・・
そして、届きました〜!

KIMG2218.JPG

相変わらず、アマゾンの梱包は過剰です。
KIMG2220.JPG


KIMG2224.JPG


KIMG2226.JPG


KIMG2227.JPG


KIMG2229.JPG


KIMG2233.JPG

ベルモント(Belmont) H-027 鉄製燻製鍋27cm と温度計、桜チップとスモークパウダー

スモーカー(燻製鍋)を見て、これから作るであろう燻製をアレコレ想像している時に嫁さんが帰宅。
「何それ?」 と嫁さん。
「燻製を作る鍋だよ。これからうまい燻製、いっぱい作るぞ〜!」
と嫁さん曰く、
「私、燻製嫌いだから。だって臭いもん。」

せっかくやる気になっているのに、なんてデリカシーの無い言葉・・・
今に見ていろ。必ず美味いと言わせてやる・・・

posted by JJJ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログについて....

このブログについて....
つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向ひて、心に移り行くよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば.....とは、徒然草の書き出しですが、
そんな崇高な堅苦しいものではなく、一杯やりながら一人でブツブツ......
誰か話相手になって.....(笑 ) .....
    (過去ログより)

1.再開
休眠状態だったブログの過去ログを全て削除し、テーマも変えて再開しました。

posted by JJJ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。